従属節の中の述語におけるル形と夕形文は、主節とは異なる働きをする




従属節の中の述語におけるル形と夕形文は、主節とは異なる働きをします。

・・・とこれだけ言われても一体何のことやらわからないですよね。

そこで、簡単に例を紹介します。

節とは?

まず、「節」とは述語(動詞など)を持った言葉の集まりです。

たとえば、以下の文章があります。

  • ラーメン屋で、食券を買う人はそこに並んだ。

この文章には、節が2つあります。

食券を買う」と「そこに並んだ」です。

  • ラーメン屋で、食券を買う(節)人はそこに並んだ(節)

従属節とは?

そして、節には従属節主節があります。

従属節は重要ではない文で、主節は重要な文です。主節は一番後ろに来ます。

この文章では「そこに並んだ」が一番後ろに来ているので、「食券を買う」が従属節で、「そこに並んだ」が主節です。

  • ラーメン屋で、食券を買う(従属節)人はそこに並んだ(主節)

従属節ではル形と夕形の働きが異なる

そして、この従属節では、ル形と夕形が文の主節(最後の節)とは異なる働きをします。

ル形は従属節の出来事が主節の出来事の「後」に起きることを表し、夕形は従属節の出来事が主節の出来事の「前」に起きることを表します。

  • ル形=従属節の出来事が主節の出来事の「後」に起きる
  • 夕形=従属節の出来事が主節の出来事の「前」に起きる

例を見てみましょう。

ル形(従属節の出来事が主節の出来事の「後」に起きる

  • ラーメン屋で、食券を買う(従属節)人はそこに並んだ(主節)

この文章では従属節の「食券を買う」はル形です。そのため、「食券を買う」という出来事(従属節)は、「そこに並んだ」という出来事(主節)よりもに起きることを表しています。

  • 時間の流れ:(1)そこに並んだ(主節)→(2)食券を買う(従属節)
  

タ形(従属節の出来事が主節の出来事の「前」に起きる

  • ラーメン屋で、食券を買った(従属節)人はそこに並んだ(主節)

一方、次の文章では従属節の「食券を買った」はタ形です。そのため、「食券を買った」という出来事(従属節)は、「そこに並んだ」という出来事(主節)よりもに起きることを表しています。

  • 時間の流れ:(1)食券を買った(従属節)→(2)そこに並んだ(主節)
  

まとめ

従属節の述語(動詞)のル形は、従属節の出来事が主節の出来事の「後」に起きることを表し、夕形は従属節の出来事が主節の出来事の「前」に起きることを表します。

いざ説明しようとすると難しいですが、私たちも普段無意識的に使い分けているような気がします。


新版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集

スポンサーリンク