【増加】最新の海外の日本語学習者数(2018年度)

2018年度の海外の日本語学習者数を紹介します。

国際交流基金の調査を参考にしました。

2018年度は、日本語学習者数、日本語教師数、日本教育実施国・地域のすべてが増加しています。

スポンサーリンク

海外の日本語学習者数は増加

2018年度の海外の日本語学習者数は385万1774人で、2015年(365万5024人)よりも増加しています。

  • 2018年=385万1774人
  • 2015年=365万5024人

国別学習者数

海外の国別の学習者数については、上位 4 か国までの順位は以前と変わっていません。

1位が中国で100万4625人、2位がインドネシアで70万9479人、3位が韓国で53万1511人、4位がオーストラリアで40万5175人となっています。

 5 位は前回比で 6.4% 増加したタイで18万4962人、6位はベトナムで17万4521人です。

台湾では学習者が2割以上減少(17万159人)し、7位(前回は5位)となりました。アメリカは8位です。

  • 1位=中国(100万4625人)
  • 2位=インドネシア(70万9479人)
  • 3位=韓国(53万1511人)
  • 4位=オーストラリア(40万5175人)
  • 5位=タイ(18万4962人)
  • 6位=ベトナム(17万4521人)
  • 7位=台湾(17万159人)
  • 8位=アメリカ(16万6905人)

海外の日本語教師数、地域・国も増加

海外の日本語教師数も増加しており、2018年度は7万7323人です。2015年は6万108人でした。

さらに、日本語教育を実施している国も、5か国・地域の増加となっています。

海外の日本語教育機関も増加

海外の日本語教育機関も増加しており、特に東南アジアでは前回比37.7%の大幅な増加となっています。

また、規模は小さいですが、アフリカ(前回比71.4%増)などで大幅に増加しているのも特徴です。

まとめ

2018年は、日本語学習者数、日本語教師数、日本教育実施国・地域のすべてが増加しました。

2015年は減少していたので、これは明るいニュースかもしれません。

アフリカ(前回比71.4%増)などで大幅に増加しているのも興味深いです。

一方で、台湾では学習者が2割以上減少したのが気になります。

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

試験関連情報
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました