日本語教育能力検定試験の試験Ⅰの解き方

日本語教育能力検定試験の試験Ⅰの問題を解く際に、自分がやっていた解き方を簡単に紹介します。

試験Ⅰは、5つの選択肢のうち、1つだけ違うものを選ぶ問題です。

スポンサーリンク

具体的な例

平成26年度の問題を例に解き方の流れを紹介します。

「並列表現の品詞」の問題です。この中で1つだけ違うものを選びます。

  1. 歌 であれ 踊り であれ
  2. 検査 なり 尋問 なり
  3. 観光 にしろ 買い物 にしろ
  4. 驚き やら 喜び やら
  5. 面談 とか 会議 とか

正解は1で、1以外は動詞に接続できるという共通点があります。

おそらく、多くの人は「~であれ~であれ」が動詞に接続できないことを知らないと思います・・・。

そのため、あれこれ考える作業が必要になります。

そこで、この問題の解き方の流れを紹介します。

1.選択肢で共通点を見つける

まず、各選択肢で共通点を見つけます。

この問題の場合、検査→検査する、観光→観光する、面談→面談する、というように、複数の選択肢で名詞を動詞にできるという共通点のあることがわかります。

そして、これを手がかりにして、これは動詞に関した問題なのではと推測します。

2.共通点が当てはまらない選択肢を探す

次に、共通点が当てはまらない選択肢を探します。

この問題の場合、すべての選択肢に対して、動詞にした時に並列表現が成り立つかどうかを試してみます。

すると、1だけ違うことがわかります。

  1. 歌 であれ 踊り であれ → 歌う であれ、踊る であれ ×
  2. 検査 なり 尋問 なり →検査する なり、尋問する なり 〇
  3. 観光 にしろ 買い物 にしろ→観光する にしろ、買い物する にしろ 〇
  4. 驚き やら 喜び やら →驚く やら、喜ぶ やら 〇
  5. 面談 とか 会議 とか →面談する とか、会議する とか 〇

このように、共通点を手がかりにして、当てはまらない選択肢を探していけば、問題を解くことができると思います。

全問正解できなくても良い

試験合格者の人でも、どうしてもわからない問題がいくつかあると思いますので、全問正解できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

そのため、わからない問題は飛ばして、わかる問題をまずは解いていくという姿勢も大切だと思います。

とりあえず合格になる最低点を確保するという考え方でしょうか。

まとめ

試験Ⅰの問題は難しい問題も多く、正直事前の勉強ですべてをカバーするのは無理だと思われます。

その場合、共通点を手がかりにして考えるという作業が必要になると思います。

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

勉強法
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました