日本語の「は」と「が」の違いは?




日本語の「は」と「が」の違いは何でしょうか?

普段は気にせず使っていますが、いざ説明しようとすると難しいように思われます。

日本語を教える際の使い分けとしては、主に3つの説明があるようです。

1.「文の情報」

新しい情報には「が」を使い、古い情報には「は」を使います。

ここに絵ありました。(絵=新しい情報)

その絵ピカソの絵です。(絵=古い情報)

2.「文の性質」

現象文では「が」を使い、判断文では「は」を使います。

現象文は見たままの事実や感想を述べる文です。判断文は性質などの判断を述べる文です。

降っている。(現象文)

嫌いだ。(判断文)

3.「述語にかかるかどうか」

後の述語(動詞)にかかるかどうかで判断します。

述語にかからない場合は「が」、かかる場合は「は」を使います。

昨日食べたパンはカビが生えていた。(「(彼)が」は「生えていた」に関係しない)

昨日カビの生えたパンを食べた。(「(彼)は」は「食べた」にかかる)

4.「対比を述べる時は「は」」

対比(他と比べる)するときは「は」を使います。「まさに~」「ほかならぬ~」のときは「が」を使います。

結婚したが、姉結婚していない。

驚かないでください。実は、姉結婚します。

以上です。

また、以下の記事も興味深いです。

こちらの記事によると、「は」は直後が主題、「が」は直前が主題で違いを説明できるそうです。

主題が前と後ろのどちらに来るかで「は」と「が」を使い分けられるということですね。

~  ・・・(主題)だ。 質問はない。

・・・(主題)  ~だ。 質問がない。

スポンサーリンク