ラングとパロールのまとめ




ラングとパロールのまとめ

ラング(langue)パロール(parole)は、言語学者のソシュールが考えた言語学上の区別です。

ソシュールは言語にはラングとパロールの2つの側面があると考えました。

ラングとパロールの違いは?

簡単に言うと、ラングは文法などの言葉の規則で、パロールは実際にその規則に従って話をする行為のことです。

ラングは社会的、パロールは個人的な側面を持ちます。

 ラングパロール
意味言語(音声・語彙・文法)発話
使用する人社会個人

パロールは個人や場面によって異なり、言い間違い、中断、ためらいなども含みます。

そのため、ソシュールは言語学の研究対象は「ラング」にするべきとしました。

ソシュールに関係した言葉で、「通時態」と「共時態」もあります。

tsuji-and-kyoji
日本語教育能力検定試験に出題されることのある、「通時態 (diachrony)」と「共時態 (synchrony) 」について紹介し...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク