日本語の格の階層性とは?




日本語の格助詞には、格によって文法的な制限があります。これを格の階層性と言います。

格の階層には、強い格と弱い格、中間の格があります。

強い格

強い格は、ガ格ヲ格です。

強い格の特徴

1.話し言葉では格助詞を省略することが多い

  • 買った → 〇 買った

2.「は」を使って主題を表すとき、格助詞が削除される

  • 行く→ × 行く

 3.「の」が後ろに来ない

  • 売買→ 売買
  • 仕事 見つけ方 → 仕事 見つけ方 

弱い格

弱い格は、へ格、デ格、ト格、カラ格などです。

弱い格の特徴

1.格助詞を省略しない

  • 東京 から 新宿 行く × 東京新宿行く

2.「は」を使って主題を表すとき、格助詞を残す

  • 教室 飲食が禁止です

3.「の」が後ろに来る

  • 栄光
  • 友だち 会話

中間の格

中間の格は、二格のみです。

中間の格の特徴

1.格助詞の省略は少ない

  • 駅前 犬の銅像がある × 駅前犬の銅像がある

2.「は」を使って主題を表すときは、一部省略できる

  • 駅前 犬の銅像がある → 〇 駅前 犬の銅像がある

3.「の」が後ろに来ない。

  • 利用者 車いすの貸し出し × 利用者 車いすの貸し出し

まとめ

  • 日本語の格には階層性がある
  • 強い格は、ガ格とオ格
  • 弱い格は、へ格、デ格、ト格、カラ格など
  • 中間の格は、二格のみ

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク