コロナ禍の今、通信講座での日本語教育能力検定試験の勉強がおすすめな4つの理由

勉強する女性

コロナ禍で自宅にいることが多い今、通信講座はコロナ禍の状況にぴったりの勉強スタイルです。

なぜ通信講座がおすすめなのか、その理由を4つ紹介します。

スポンサーリンク

なぜ、今通信講座がおすすめなのか

1.自宅で勉強しやすい

自宅にいることが多い今、元々自宅で勉強することを前提として作成されている通信講座は、現在の状況にぴったりマッチします。

2.リーズナブル

通信講座は費用が安いのも特徴です。これは、コロナ禍で経済が不安定になっている状況では、大きなメリットだと思います。

大学や通学の講座は約60万円~100万円かかるのが一般的ですが、通信講座は約10万円~15万円でおさまるところが多いです。

また、通信講座であれば、交通費等の出費もありません。

3.ソーシャルディスタンス

通信講座であれば、完全なソーシャルディスタンスを達成でき、感染リスクを減らせます。

これもコロナ禍では大きなメリットです。

4.日本語教師の求人が少ない

外国への渡航が制限されている現在、国内外で日本語教師の求人は減っています。

そのため、仕事が減っている今は通信講座で勉強に集中して試験に合格し、その後コロナがおさまったところで仕事を始めるというのが理想的なイメージです。

まとめ

  • 自宅で勉強しやすい
  • リーズナブル
  • ソーシャルディスタンスを達成できる
  • 日本語教師の求人が少ない

検定対策の通信講座には「NAFL日本語教師養成プログラム」や「ヒューマンアカデミー 日本語教育能力検定試験 完全合格講座」などがあります。

通信講座
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました