カルチャーアシミレーターとは

カルチャーアシミレーターは、異文化摩擦のエピソードに対する複数の解釈を通じて、多様なものの見方への気づきを促す活動です。

1960年代にイリノイ大学で開発されました。同大学の心理学部のチームは、海軍研究局から「すべての船員を米国の大使にする 」ためのトレーニング法の開発を依頼されました。それがこのプログラムが開発されることになったきっかけです。

スポンサーリンク

カルチャーアシミレーターの手順

まずAとBという2つの文化圏での経験を持つ人々へのインタビューから始まります。

文化圏Bの人が文化圏Aの人と交流する際に驚いたり混乱したりした「エピソード」や「重大事件」について聞きます。さらに、2つの文化圏に属する学生に対し、その問題や混乱がなぜ起きたのか、説明を求めます。

そして、文化圏Aの人の説明が、文化圏Bの人の説明と異なった場合、そこに学ぶべきことがあると考えます。

たとえば、アメリカ人の教師は、ラテンアメリカの生徒が話をする際、自分の目を見てくれないことに腹を立てたと話しました。彼は、アメリカでは、話し手を見ないことはきちんと話を聞いていないことを意味する、と説明しました。一方、ラテンアメリカでは、地位の高い人の目を見ることは「横柄」であり、下を向くのが普通だという説明がされました。

参考記事:Culture assimilators (programs) / カルチャーアシミレーター紹介

 

 

 

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム(休止中)

*現在休止中です

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

社会・文化・地域
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました