日本語関連の試験(日本語能力試験、日本留学試験、BJTビジネス日本語能カテスト、日本語教育能力試験)のまとめ




日本語に関連した試験(日本語能力試験、日本留学試験、BJTビジネス日本語能カテスト、日本語教育能力試験)のまとめです。

試験では、これらの試験についての問題もときどき出ます。

試験に出そうなポイントなどを簡単にまとめました。

1.「日本語能力試験」

国際交流基金と日本国際教育支援協会が運営する 日本語能力試験(JLPT) ・公式 サイトです。 日本語能力試験(JLPT) は、日本国内および海外において、日本語を母語としない 人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う試験です。
  • 1984年に開始
  • 実施団体は「国際交流基金」と「日本国際教育支援協会(JEES)」
  • 認定レベルは、Nl、N2、N3、N4、N5の5段階
  • 日本国内より海外で受ける人のほうが多い
  • 未成年でも受けられる(小学生から社会人まで。年齢は関係ない)
  • 全てマークシート
  • 点字冊子もある
  • 2010年に改訂され「N3」が新設される
  • 成績表示は尺度得点(いつの試験を受験したかにかかわらず、常に同一の基準の下で日本語能力を測定することが可能)
  • 高度人材ポイント制の加点対象

2.「日本留学試験(日留試、EJU)」

  • 私費留学希望者に対する大学入学のための選考試験
  • 2002年から開始
  • 独立行政法人日本学生支援機構が国内と近隣諸国で実施
  • 成績表示は尺度得点(いつの試験を受験したかにかかわらず、常に同一の基準の下で日本語能力を測定することが可能)
  • アイテムライター制度を導入
  • アジアの多数の国々(中国を除く)で自国から受験が可能
  • 渡日前に入学許可がもらえたり、奨学金の予約ができたりする

3.「BJTビジネス日本語能カテスト(BJT)」

  • 実用的なビジネス日本語能力を測る
  • 外国人ビジネス関係者向け
  • 1996年開始
  • 主催は公益財団法人日本漢字能力検定協会
  • 在留資格認定証明書発給審査の参考として入管で活用
  • 高度人材ポイント制でも得点が550点以上であればポイントを得られる

4.「日本語教育能力試験」

  • 1988年に開始
  • 実施団体は「日本国際教育支援協会(JEES)」
  • 試験内容は「社会。文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言
    語と教育」「言語一般」の5つ
  • 試験は試験I、試験Ⅱ、試験Ⅲの3部で構成
  • 国家資格ではないが、公益社団法人日本語教育学会が認定

クイズ

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク