日本語教育能力検定試験は「試験II(聴解試験)」の点数が取りやすいかも




日本語教育能力検定試験の試験Ⅱには「聴解試験」があります。

個人的に、この聴解試験は点数が取りやすいと思います。なぜなら、似たような問題が毎年出題されているからです。

そのため、過去問を勉強してパターンを覚えれば、新しい問題が出てきても対応できます。

勉強方法

繰り返し解く

私は「日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版」と「平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験問題」などの過去の試験の聴解問題を4~5回解きました。

勉強は基本的にこれだけです。

どちらも音声付きの聴解問題がありますので、これを繰り返し解きます。

問題を何度も解くとパターンがわかってきます。

耳を慣らす

特に、最初のアクセントの問題は何度も聴いて耳を慣らします。

最初は慣れませんが、何度も繰り返せば特徴がわかってきます。

アクセントの問題は似たようなものが何度も出てくるので、一度慣れてしまえば確実に点数が取れます。

これは以下の記事も参考になります。

日本語のアクセントの型の特徴、種類を紹介します。 アクセントの型は、平板式と起伏式に分かれます。 1.平板式 平板式はアク...

子音、母音、声帯振動、調音点、調音法、音声記号、口腔断面図を覚える

ほかに、子音、母音、声帯振動、調音点、調音法、音声記号、口腔断面図は必ず覚える必要があります。これがわからなければ聴解問題は解けないと思います。逆にこれをマスターすれば確実に点数が取れます。

これは以下の記事も参考になります。

日本語教育能力検定試験に頻出する、子音、声帯振動、調音点、調音法、音声記号をまとめました。 1.「マミムメモ・有声・両唇・鼻音・」...

最初はなかなかとっつきにくいかもしれませんが、いったん覚えてしまえばそれほど難しいものではないと思います。

日本語教育能力検定試験は試験範囲が広く、予想もつかない問題が出ることもありますが、聴解問題は範囲も限られており対策がしやすいと思います。

聴解問題で確実に点数が取れれば、他の問題がダメでもなんとかなるかもしれません。

また、聴解が苦手、勉強する時間がない、確実に合格したいという人は、「<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」」を受講するのもおすすめです。

こちらの通信講座は、受講した人の検定合格率は50%以上です。2人に1人は合格しているということですね。

スポンサーリンク