「と」と「に」の違いは?

友だち 会う」と「友だち 会う」は、「と」と「に」の両方が使えます。

しかし、「友だち けんかする」は言えても、「友だち けんかする」とは言えません。

それでは、「と」と「に」の違いは何でしょうか?

スポンサーリンク

と=相互的な動作、に=一方的な動作

「と」は相互的な動作に使います。たとえば「けんか」は相手とお互いに行う動作で、一方的にはできません。そのため、「友だち けんかをする」は正しいです。

一方、「に」は一方的な動作に使うので、「友だち けんかをする」は間違いです。

ほかに、「結婚する」も相互的な動作なので、「彼女 結婚する」は正しいですが、「彼女 結婚する」は間違いです。

  • 〇 友だち けんかする / × 友だち けんかする
  • 〇 彼女 結婚する / × 彼女 結婚する

「会う」「話す」はどちらでも使える

「会う」「話す」などの動詞は、「と」と「に」どちらでも使えます

  • 友だち 会う / 友だち 会う 〇
  • 友だち 話す / 友だち 話す 〇

ただし、この場合でも、「と」は相互的な動作、「に」は一方的な動作を表します。

たとえば、「事前に会う約束をしていた」場合は「友だち 会う」が正しいですが、「約束をしていなくて、偶然会った」場合は、「友だち 会う」のほうが正しいです。

また、相談を聞いてもらうなど、こちらが一方的に話す場合は「友だち 話す」が正しいです。

まとめ

  • 「と」は相互的な動作、「に」は一方的な動作に使う
  • けんかする、結婚するは「と」を使う
  • 「会う」「話す」などは両方使える


新版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集

タイトルとURLをコピーしました