意味の拡張と比喩のまとめ

日本語教育能力検定試験によく出る「意味の拡張と比喩」のまとめです。

意味の拡張を引き起こすものの一つに、「比喩(ひゆ)」があります。

比喩には、「メタファー(隠喩)」、「メトニミー(換喩)」、「シネドクキー(提喩)」などがあります。

以下、それぞれを説明します。

スポンサーリンク

「メタファー(隠喩(いんゆ))」

具体的なわかりやすいもの」で「抽象的な分かりにくいもの」を表します。

「~のようだ」などの形は用いません。*「~のようだ」を用いるのは「直喩」です。

例:

  • 「彼女は天使だ」
  • 「雪の肌」

「メトニミー(換喩(かんゆ))」

あるもの(A)」を「隣接関係にある(つながっている)別のもの(B)」で示すことです。

たとえば、「昨夜は鍋を食べた」と言いますが、普通鍋は直接食べられませんので、これは「昨夜は鍋の中身を食べた」という意味の換喩表現です。

例:

  • 「昨夜は鍋を食べた。」=「昨夜は鍋(の中身)を食べた。」
  • 「洗濯機が回る。」=「洗濯機(の中の洗濯層)が回る。」
  • 「扇風機が回る。」=「扇風機(の羽根)が回る。」
  • 「ショパンを聴く。」=「ショパン(の作った曲)を聴く。」
  • 「霞ヶ関」=「日本の官庁」
  • 「永田町」=「日本の国会」
  • 「ハリウッド」=「アメリカの映画界」
  • 「シリコンバレー」=「アメリカのIT業界」

「シネドクキ(提喩(ていゆ))」

上位概念で下位概念を指したり、下位概念で上位概念を指したりします。

たとえば、「花見に行く」という提喩の表現は、「花」という上位概念で、「桜」という下位概念を指しています。実際に見に行くのは「桜」ですが、「花」と表現しています。

例:

  • 「花見に行く」(「花」という上位概念で、「桜」という下位概念を指す)
  • 「人はパンのみに生くるにあらず」(「パン」という下位概念で、「食べ物」という上位概念を指す)

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました