誤用(グローバルエラー、ローカルエラー、言語間エラー、言語内エラー)

誤用(グローバルエラー、ローカルエラー、言語間エラー、言語内エラー)について紹介します

スポンサーリンク

ミステイクとエラー

第二言語の学習者の誤用には、ミステイク(間違い)エラー(誤り)があります。

ミステイク学習者の体調不良や不注意などが原因の誤用で、エラー学習者が繰り返し間違える誤用です。

エラーの種類

1.グローバルエラー(global error)

グローバルエラーは、文の意味を正しく理解できず、コミュニケーションに支障が出る誤用です。

たとえば、「に」と「が」を誤り、「高橋さん もらったお土産です」「高橋さん もらったお土産です」と話した場合、文の意味が正しく伝わらずコミュニケーションに支障が出ます。

2.ローカルエラー(local error)

ローカルエラーは、コミュニケーションに支障が出ない誤用です。

3.言語間エラー(interlingual error

言語間エラーは、母語学習する言語の相互干渉によって生じる誤用です。

たとえば、英語を学習する日本人の学生は、「夢を見る」を「see a dream」と表現することが多いです。これは日本語の「見る(see)」をそのまま英語に適用した間違いです。英語では「have a dream」と表現します。

4.言語内エラー(intralingual error

言語内エラーは、目標言語の学習過程で起きる発達途上の誤りです。

言語内エラーには、過剰般化(過剰一般化)簡略化があります。

過剰般化(過剰一般化)(overgeneralization) 

過剰般化(過剰一般化)は、学習する言語のルールを過剰に適用してしまうことです。

たとえば、「面白いでした」は名詞やナ形容詞の過去形につける「でした」をイ形容詞(面白い)に過剰に適用して生じた誤用、「小さい」は、名詞と名詞を結びつける「の」をイ形容詞(小さい)に過剰に適用した誤用です。

簡略化simplification

簡略化は、言語規則を単純化することによって生じる誤用です。たとえば、「私 日本 行きます」。

化石化(fossilization)

誤用が改善されないまま残ってしまうことを 化石化(かせきか)と言います。

*ただし、「化石化」という言葉はネガティブなニュアンスが強いため、最近では「定着化」と呼ぶ人もいるそうです。

また、誤用が改善された後も、不安や緊張などによって再び出現する場合があります。これは 逆行(バックスライディング)と呼ばれ、エラーではなく ミステイクです。

さらに、学習者が自信のない発音や語彙を避けることで、結果として誤用が現れない場合もあります。このような学習者のストラテジーは  回避と呼びます。


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

タイトルとURLをコピーしました