バイリンガル教育のまとめ




バイリンガル教育のまとめです。

バイリンガル教育とはバイリンガルの子どもに対する教育、またはバイリンガルの子どもを育てる教育のことです。

バイリンガル教育の種類

バイリンガル教育には、二言語使用に消極的なバイリンガル教育と、積極的なバイリンガル教育があります。

消極的なバイリンガル教育

二言語使用に消極的なバイリンガル教育は、移行型バイリンガル教育サブマージョン・プログラムがあります。

移行型バイリンガル教育

少数派言語(家庭での使用)から多数派言語(社会での使用)への移行を目標とする教育です。

サブマージョン・プログラム

少数派言語を話す子どもに対して、多数派言語のみで行う教育です。

積極的なバイリンガル教育

二言語使用に積極的なバイリンガル教育は、維持型バイリンガル教育(相続言語バイリンガル教育)イマージョン・プログラムがあります。

維持型バイリンガル教育(相続言語バイリンガル教育)

子どもの少数派言語能力を伸ばし、文化的アイデンティティーの強化を目標とします。

イマージョン・プログラム

第二言語で学校の教科を教えることです。

開始時期全面的か部分的かでそれぞれ分けられます。

<開始時期>
  • 早期イマージョン=幼稚園や小学校低学年で開始
  • 中期イマージョン=小学校高学年で開始
  • 後期イマージョン=中等教育から開始
<全面的か部分的か>
  • 全面的イマージョン=教科のすべてを第二言語で行う
  • 部分的イマージョン=一部の科目のみ第二言語で行う

イマージョン・プログラムの成功例として、1960年代にカナダのケベック州で行われたイマージョン・プログラムがあります。英語話者の子どもたちがフランス語で教育を受けました。


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

スポンサーリンク