日本語の「テンス(時制)」とは?




英語を勉強すると、現在形や過去形、未来形という時制を覚えます。

それと同じように、日本語にも時制があります。

この時制を「テンス」と言います。

日本語のテンスは、ル形(辞書形)タ形(過去形)で表します。

ル形は「食べる」「書く」などで、タ形は「食べた」「書いた」などです。

そこで、簡単に日本語のテンス(時制)をまとめました。

ル形の働き

1.超時

時間を超越した不変の真理などを表します。

  • 太陽は東から昇り、西に沈む
  • 水は100℃で沸騰する

2.現在を表す

現在を表します。

  • 教室に先生がいる

3.未来を表す

未来を表します。

  • 来月、新しい先生が来る

タ形の働き

1.過去を表す

過去を表します。

  • 教室に先生がいた

2.完了を表す

完了を表します。

  • やっと宿題を終えた

3.話し手の気持ちなどを表す(ムード)

話し手の気持ち(発見、想起、命令、確認)などを表します。

  • (財布が)あった!(発見)
  • 彼の名前を思い出した(想起)
  • どいたどいた(命令)
  • 彼の名前は田中だった

まとめ

  • ル形は、超時(不変の真理)現在未来を表す
  • タ形は、過去完了話し手の気持ちを表す


日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版

スポンサーリンク