「ピジン」と「クレオール」、「ダイグロシア」のまとめ




「ピジン」と「クレオール」「ダイグロシア」についてまとめました。

日本語教育能力検定試験にも時々出てくるようです。

どれも微妙に似ているので、混乱してしまうこともあるかもしれません。

1.「ピジン」

言語の違う人たちが意思疎通を図るため、お互いの言語の要素を取り入れて作られた補助言語です。

ピジンの特徴は、(1)文法が単純、(2)音韻や語彙の数が少ない、(3)書き言葉がない、などがあります。

基本的にピジンは特定の目的のために作られた言語のため、これを母語とする人はいません。

ピジンが母語となったものがクレオールです。

日本では「横浜ピジン日本語」などがあるようです。横浜市で19世紀後半に外国人と日本人との会話に用いられたピジン語です。

2.「クレオール」

ピジン言語が定着し、母語化した言語のことです。

ピジンと違い、完成された言語です。

日本だと、英語と日本語のクレオール言語である「小笠原語」があります。

3.「ダイグロシア」

社会に2つの言語変種(標準語と方言など)があり、社会的な場面に応じて使い分ける現象のことです。

社会言語学の用語で、アメリカのファーガソンが最初に提唱しました。言語の使い分けは「コード切り替え(code-switching)とよばれます。

たとえば、ニューヨークのヒスパニック社会では、多くの人々がスペイン語と英語を話します。彼ら/彼女らは、社会的状況やその場の必要性に応じて英語とスペイン語を使い分けています(家ではスペイン語、職場では英語など)。

また、3つ以上はポリグロシアと言います。

ダイグロシアのさらに細かい内容は以下の記事が詳しいです。

試験によく出るダイグロシアを紹介します。 ダイグロシアとは? ダイグロシア(二重言語併用)とは、1つの社会で2つの方言または言語...

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

スポンサーリンク