「て+いる」で動作の進行状態にならない動詞(動作の結果の状態を表す)

彼は夜ごはんを食べている」は動作の進行状態を表します。

  • 彼は夜ごはんを 食べて いる。→動作の進行状態

このように、日本語では「動詞のて形+いる」で動作の進行状態を表します。

しかし、中には動詞のて形+いるで動作の進行状態にならない動詞もあります。

たとえば、「死んでいる」は「死ぬのて形+いる」ですが、動作の進行ではなく動作の結果の状態を表します。

  • 動物が 死んで いる。→動作の結果の状態

そこで、「動詞のて形+いる」で動作の進行状態にならない(動作の結果の状態を表す動詞を紹介します。

スポンサーリンク

動作の進行状態にならない動詞(動作の結果の状態)

これらの、「動詞のて形+いる」で動作の進行状態ではなく結果の状態を表す動詞は、以下です。

死ぬ

  • 動物が 死んで いる

落ちる

  • リンゴが 落ちて いる

終わる

  • 授業は 終わって いる

始まる

  • 授業は 始まって いる

咲く

  • 花が 咲いて いる

つく

  • 電気が ついて いる

など

動作の進行状態にならない動詞は「瞬間動詞」

ちなみに、これらの動詞は「瞬間動詞」です。

瞬間動詞に関しては以下の記事が参考になります。

日本語の継続動詞と瞬間動詞とは?
日本語の動詞に「継続動詞(けいぞくどうし)」と「瞬間動詞(しゅんかんどうし)」があります。 この2つの動詞の特徴と違いを紹介します。 「継続動詞」 継続動詞は「動作が終わるのに時間のかかる」動詞です。 継続動...


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識 日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ

タイトルとURLをコピーしました