ダイレクト・メソッドとその関連する教授法




ダイレクト・メソッドとその関連する教授法を紹介します。

「ダイレクト・メソッド(直接法)」

「ダイレクト・メソッド」は、20世紀初め、ヨーロッパで外国語教育における公認された教授法だそうです。

その特徴は、「音声を重視する」「語彙や文法は文脈の中で帰納的に理解する」です。

良い点としては、音声面での学習達成が期待できます。悪い点としては、学習者の理解が十分にならない可能性があります

これは広義の意味では、学習者の母語を使わず学習する外国語だけを使って教えることを指すようです。日本語を学習する外国人の生徒に日本語で教えるということです。「直接法」と呼ばれるものですね。多くの人はこちらの意味のほうがよく聞いたことのあるものではないでしょうか。

  • 「音声を重視」
  • 「語彙や文法は帰納的に理解」
  • 「音声能力向上」
  • 「学習者の理解が不十分」
  • 「直接法」

「オーラル・メソッド」

オーラル・メソッドは、応用言語学者のパーマーによって提唱された教授法です。

ダイレクト・メソッドの欠点を応用言語学の理論で補い、話し言葉や帰納的理解を重視しています。

指導方法は、絵カードなどを利用して視覚的に学習したり、反復と代入を中心とした口頭練習をおこなったりするのが特徴のようです。

良い点は、音声面の能力の向上が期待できます。悪い点は、理解に時間がかかります。

「長沼直兄」が日本に導入

また、日本人の長沼直兄(なおえ)がこのオーラル・メソッドを日本に導入したそうです。これが日本における直接法の指導の原点となったそうです。

長沼直兄は「問答法」を編み出したことでも有名なようです。「ナガヌマ・メソッド」とも呼ばれます。これは教師が学習者にい質問をし、答えを引き出すことで会話を進めながら新しい学習を行うというもののようです。長沼スクールという日本語学校の創設者でもあります。

  • 「パーマー」
  • 「ダイレクト・メソッドの欠点を補う」
  • 「音声能力向上」
  • 「理解に時間がかかる」
  • 「長沼直兄」
  • 「問答法」

「アーミー・メソッド」

アーミー・メソッドは、構造言語学と行動心理学を理論的基盤にしています。講義を行う言語学者と、訓練を行うインフォーマントによる、ティームティーチングで行うようです。

目標は学習言語を話すことができるようになることです。徹底した反復練習などが特徴で、学習が単調になったり、緊張を強いられる場合があることが指摘されます。

  • 「ティームティーチング」
  • 「徹底した反復練習」
  • 「学習が単調/緊張を強いられる」

「オーディオリンガル・メソッド」

オーディオリンガル・メソッドは、アーミー・メソッドの流れを受け継いだ教授法のようです。アーミー・メソッドをより一般的なものに改良したものです。

アーミー・メソッドと同じように、話す能力の学習が重視されているようです。

「教材や学習・練習法」

オーディオリンガル・メソッドは、教材や指導法も特徴的なようです。学習は「LL(ランゲージ・ラボラトリー)」と呼ばれる、教育機器を利用した語学演習室を利用するようです。

学習・練習方法は、「ミム・メム(mim-mem)練習」「パターン・プラクティス」「ミニマル・ペア(最少対立)」などが特徴的なようです。

「ミム・メム(mim-mem)練習」は、教師などのモデルを模倣し、暗記し、記憶にとどめるために何度も反復をする、模倣練習のことのようです。

  • 「アーミー・メソッドの流れを受け継ぐ」
  • 「LL(ランゲージ・ラボラトリー)」
  • 「ミム・メム(mim-mem)練習」
  • 「パターン・プラクティス」
  • 「ミニマル・ペア(最少対立)」

「クイズ」

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク