hmr

試験関連情報

日本語教育能力検定試験を東大駒場会場で受験。持ち物、注意点など体験談を紹介

私は数年前に、日本語教育能力検定試験を東大駒場キャンパスで受験しました。 その時の体験談や注意点を紹介します。 日本語教育能力検定試験の会場 まず、日本語教育能力検定試験の会場を紹介します。 毎年全国7地区(...
言語一般

ローマ字のまとめ-ヘボン式、日本式、訓令式

ローマ字のまとめです。試験にも時々出ます。 最近では平成27年度日本語教育能力検定試験でローマ字の問題が出題されています。 ローマ字の種類 ローマ字には、ヘボン式、日本式、訓令式の3つがあります。 1.ヘボン式 ...
言語と教育

CEFR(セファール)とは?

CEFR(セファール)は、「Common European Framework of Reference for Languages」の略称で、ヨーロッパ言語共通参照枠のことです。 ヨーロッパの外国語教育の学習、評価で共有されるガイド...
言語と教育

後行シラバスとは?

日本語教育能力検定試験には、「後行シラバス(a posteriori syllabus)」が出てきます。 試験対策としては「学習する人の要望を基に毎回の授業の内容を決め、授業が終わった後に全体が見えてくるもの」と覚えておけば良いですが...
平成27年度

平成27年度日本語教育能力検定試験解説:試験Ⅰ

「平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験問題」の試験Ⅰの解説です。 問1 「唇のまるめ」の問題です。 唇のまるめは、母音を発声する時に唇をまるめるかどうかです。 日本語の母音「/a/, /i/, /u/,...
言語と教育

良いテストの条件-妥当性、信頼性、有用性

日本語教育能力検定試験に出題される、「良いテスト」についてまとめました。 主に心理学の概念や用語が用いられているので、やや違和感を感じるところでもあります。 良いテストの条件には、妥当性、信頼性、有用性の3つがあります。 ...
社会・文化・地域

日本語教育関連の7つの機関・団体

日本語教育に関連した機関と団体のまとめです。複数あり、各自で異なる試験を実施しているのでやや混乱してしまいます・・・。 1.文化庁 まず、文部科学省には日本語教育を専門に扱う部局はありません。 しかし、その関連機関である文...
言語一般

けれども、のに、てもの違い

逆接の表現、「けれども」、「のに」、「ても」をそれぞれ紹介します。 1.けれども(~けれど、~けど、~が) 事実の逆接 事実の逆接 に用います。ほかに「~けれど、~けど、~が」も同じ意味です。 温泉に行った けれども、やって...
言語と教育

概念・機能シラバスとは?

日本語教育能力検定試験に出る「概念・機能シラバス」を紹介します。 概念・機能シラバス(Notional-Functional Syllabus)とは? 1971年、イギリスの言語学者ウイルキンス(D.A.Wilkins)...
試験関連情報

令和2年度の日本語教育能力検定試験の出願期間が変更

新型コロナウイルスの影響で、令和2年度の日本語教育能力検定試験の出願期間が変わっています。 令和2年度は、7月20日(月)から8月3日(月)まで(当日消印有効)(予定)です。 通常は6月22日からでしたが、一ヶ月ほど遅れます。そ...
タイトルとURLをコピーしました