平成28年度日本語教育能力検定試験解説:試験Ⅰ、問題1~4




平成28年度日本語教育能力検定試験解説です。

試験Ⅰ、問題1~4

問題1の答え:4[ɾ]

調音法の違いを答える問題です。

[ɾ]だけはじき音です。はじき音は、舌を歯茎または口蓋にはじくことで生じる音です。

ほかの[ɸ]、[ç]、[s]、[θ]は摩擦音です。

以下の図を見るとわかりやすいです。

問題2の答え:2

4月だけ、月と年で読み方が違います。

  • 4月(しがつ)
  • 4年(よねん)

問題3の答え:2

接辞の「たち」だけ品詞が変化しません。

  • 子ども(名詞)
  • 子どもたち(名詞)

ほかの接辞は品詞が変化します。

問題4の答え:2

「ある」だけナイ形の活用が異なります。

  • ける→けらない
  • みる→みない
  • はしる→はしらない
  • ある→ない ×あらない
  • おきる→おきない

ちなみにそれぞれの動詞の活用は以下です。

  • ける=グループ1(五段活用)
  • みる=グループ2(上一段/下一段活用動詞)
  • はしる=グループ1(五段活用)
  • ある=グループ1(五段活用)
  • おきる=グループ2(上一段/下一段活用動詞)
スポンサーリンク